私たちについて

代表ごあいさつ

総合建設業に携わる株式会社zero oneが設立されたのは、東日本大震災から3年が経過した2014年のことです。
いまだ復興への道筋を模索していた福島の現状を目にして感じたのは、私の地元であるこの街に元気を取り戻したい、
もっと暮らしやすい街にしたいという思いでした。
文字通り、すべてが「ゼロ」からのスタートでしたが、信頼づくりを地道に積み重ねてきた結果、ここまで歩んでこられたと感じています。

今日に至る建設業界では、各協力会社が業務を分担しながら個々に高度な専門性を発揮していくやり方が一般的です。
私たちゼロワンがこだわっているのは、そこからさらに一歩進んだ、プロジェクト全体を俯瞰して合理的・効率的に業務を進めていく視点です。
“元請け業務の総合支援”と言える立場から、妥協せず責任を持って施工を行い、そして福島の発展に少しでも貢献できればと考えています。

株式会社zero one 代表取締役

南 一美KAZUMI MINAMI

〈略歴〉
福島県福島市生まれ
1996年 佐藤工業株式会社に勤務
2014年 株式会社zero one設立、代表取締役に就任

社名の由来

「0」を「1」にすることが発展につながる 「0」を「1」にすることが発展につながる 「0」を「1」にすることが発展につながる

復興の「先」を見据えて

震災からの復興といっても、ただ被害を受けたマイナスの状況を「0」に復旧するだけでは、2011年という過去まで戻ってきたことにしかなりません。
震災から現在に至るまでの年月や、その先にある未来について考えるのなら、福島のさらなる発展を見据えることが不可欠となります。
私たちのゼロワンという社名の意味は、「0から1をつくり出す」ということ。
これまで存在しなかった価値を創造し、そして福島を未来に向けて発展させたいという強い決意が込められています。

pagetop